一人で処理できない遺産と相続の問題は弁護士に任せよう

弁護士レポート

弁護士の概要

bengosi

弁護士は、法律にもとづいて法的な事務をする職務の人である。

裁判に赴いて、被告のかわりに発言をしたり、相手との交渉をおこなったりする仕事もある。交通事故や離婚などの問題が生じたときにも、弁護士をたてることで、自分の主張をうまく相手に伝えることができる。たとえば離婚においては、自分にとって不利な条件にならないように弁護してもらえることがでいたり、離婚後に必要な法的な書類も作成をしてもらえることがある。

弁護士のメリット

senmonka

弁護士は、交通事故や金銭トラブル、相続、借金の整理など、社会生活で発生するさまざまなトラブルに関して、相談に応じてもらうことができる。

司法書士や行政書士は、代理人として関与できる手続きに制約があるが、弁護士は全ての裁判手続きや行政手続きの代理が可能である。

契約書の作成を依頼すると、さまざまな条項が明確化されるため、将来のトラブルを回避することにつながる。

交通事故の被害者になった場合には、加害者との交渉を任せることで、治療に専念することが可能になる。

弁護士の注意点

弁護士とは、国家試験の中でも最上級の難易度を誇る司法試験を合格しなければ資格を得ることができない職業で、この職に就くためにたくさんの勉強を積む必要があるうえ、趣味等の娯楽の時間も短くなってしまうというリスクがある。

また、職業に就いてからも実力主義の世界であり、良い結果を残せなければ仕事が回ってこず収入を得ることができない。法を扱うため、精神的なストレスもたまりやすく、心身共に疲労を重ねることも少なくない。



相続の問題なら川越の税理士に相談しましょう!【赤羽税務会計事務所】